革ころも

大切なプレゼントにもう一つの楽しみを添えて◎

タソラではお品をお渡しする時や、ギフトの時などにヌメ革のラッピングをさせていただいております。


ラッピングにしては少し意外な素材!

なんて思ったりしますが、工夫ひとつで貰った後も嬉しいプレゼントになったりするのです!!


P7046185.jpg


牛革の裁断すると、どうしても残ってしまう一部。

ですが大事な材料ですので、余すことなく全てを使い切りたいこともあり何か良い方法な無いものかと考えていました。

そんな時に思いついたのがレザーラッピング ♪

贈って楽しい… 開ける楽しみ… 貰って楽しむ

みんなが嬉しいプレゼントになってもらいたい願いを込めて包んでいます◎


 

P7046176.jpg


貰った後は自由に!

裁断に難しい道具は必要ありません。

ハサミやカッターで思ったままに切り抜いてオーナメントにしても良いですし

形を決めてコースターやマウスパッドにするのも良いかもしれませんね ♪



P7046148.jpg


刃物を使わなくても一輪挿しに巻くだけでも、いつもとは違う装いのお花も楽しめます◎


P7046157.jpg


ヌメ革の移りゆく風合いも思い出とともに楽しんでください◎


にらめっこ

 「 … … … 」

制作する作品の荒裁ち前には、眉間にシワをよせて考え込んでいます😲

ヌメ革は自然素材なので、それに応じてどのように使うか見極めるのも大事な時間です。

キズの痕や肌の粗い箇所、シワや肌のかすれた部分などが入っているため

極力、避けてはカットしなくてはなりません…

これが一番の難所です😥


素材は無駄無く使ってあげたいので

制作前には、いつもこんな風景があります😄




表面だけでなく、裏面を覗けば隠れた傷跡なども発見でき

見るところはたくさんありますので見逃せません◎







こうして工房では作品が完成していきます ♪


ハンドメイドならではのひと手間は

ちいさな気配りの積み重ねができるので大好きです😊





ひと編み ひと編み …

細長い革の紐…

その一本では、ただの革紐…

頼りない一本だけど、縦横斜めにチカラを合わせ

折り重なる一つのカタチは、とても力強い作品となっていきます◎






ある時は、革のボタン。

そしてある時は、革のベルト。

編み方一つでたくさんの表現ができます(*^_^*)






最近、Kさんが根気詰めて編んでいた

竹工芸の「交色りんず網代」を使って

どんな作品を作ろうかワクワクしています ♪

どうぞ、お楽しみにして下さい◎



残暑お見舞い申し上げます

うだる暑さが続く今年の夏…

皆さま いかがお過ごしでしょうか?

こちらの工房では、2階での作業ですので

はやくも夏バテ気味となっております(*_*)


革も同じく、強い日差しと熱波を浴びて

油分も干上がりがちではないでしょうか…






カサつきが激しくなると

革の表面にある銀面層に割れが生じ

取り返しがつかなくなってしまう場合もあります。


割れた革(細かいヒビ)はエイジングが進むと

多少目立たなくなりますが

簡単なオイルメンテナンスで防止が出来ますので

是非、お試しください◎


100%タンニンなめし

aikoのHPで展開していく作品には

環境に優しい植物から抽出されるタンニン(ポリフェノールの一種)を

使ってなめした革のみを厳選しております◎

タンニンなめしの革は

「これぞ革です!」といった革そのものの風合いを味わえ

使うほどに愛着が湧く素材ですの一つです(*^_^*)






ラインナップの作品で多く使われているヌメ革は

揉み加工が施してあるので革が柔らかく

その表情は、革の部位により様々なシボ(シワ模様)が表れているので

実に革らしい雰囲気が楽しめます。






作品たちには裏地や装飾などはできるだけ無くし

革本来の魅力である自然な風合いを充分に味わっていただけるよう

心掛けております。






これらの革には天然由来の素材の為、ところどころに出ている

キズやスジ、革質(繊維密度)の違いによる雰囲気の誤差は

100%天然素材の証であるとご理解くださいm(__)m
  • About us
  • online shop
  • Diary
  • Album
  • Contact


  • Su Mo Tu We Th Fr Sa
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>